ビフィコロン

MENU

大腸の腸内環境改善には「ビフィコロン」

「おなかのハリやゴロゴロ感のせいでいつも外出が不安」「なんとなく、気分が憂鬱な日が多い」「肌の乾燥やニキビが気になる」

 

これらの症状が当てはまる方は、大腸の腸内環境が悪くなっている可能性があります。動物性資質の多い食事が多かったり、社会生活上のストレスなどのために大腸内のビフィズス菌が大幅に減り、悪玉菌が優勢になっている可能性があります。

 

「ビフィズス菌?でもヨーグルト、けっこう頻繁に食べてるけど…」

 

ビフィズス菌を含んでいるヨーグルトを摂取するというのは、確かに体内のビフィズス菌を増やすための方法のひとつではありますが、ビフィズス菌の弱点を考えると、最善の方法とは言い難いです。

 

ビフィズス菌は酸に弱く、そのままでは胃や小腸で大半が死滅してしまうからです。なので、ヨーグルトを頻繁に取っている方でも、問題の大腸にビフィズス菌を十分な数生きた状態で送り届けることができているとは限らず、上に述べたような症状がなかなか改善されないということも大いにありうるのです。

 

そしてこのビフィズス菌の弱点に配慮し、ビフィズス菌を生きたまま大腸に届けるということにこだわって作られたのが、日清ファルマのサプリメント「ビフィコロン」です。これは小粒のカプセル型のサプリメントで、このカプセルはビフィズス菌を胃酸や消化酵素から守る二重のガード層になっていて、大腸付近にまできてから崩壊し、中のビフィズス菌(約40億個)を大腸へ供給するような仕組みをもっています。

 

またこの「ビフィコロン」は、味やカロリーを気にすることなく利用できるというところも、良いです。目安は一日たった一粒ですし、一粒あたりの熱量は1.07kcalにすぎません。

 

この「ビフィコロン」はアマゾンでも購入(送料無料6537円)できますが、お得なのは公式サイトの定期コース(送料無料4320円)です。定期コースは三回継続する必要がありますが、初めての方は初回購入価格が半額(たった2160円)ですし、三回以降はいつでも利用をやめることが出来ます。